逆流性食道炎は、食生活と大きな関係があるため、普段の食事を見直すことで、予防・改善できます。 では、逆流性食道炎を食事療法で改善する場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか? 逆流性食道炎の食事療法で注意する点は、以下の通りです。 ・脂肪分を避ける ・消化に良いものを食べる ・胃酸の濃度を下げるものを食べる ・暴飲暴食をしない ・早食いをしない 逆流性食道炎の食事療法で大切なことは、脂肪分を避けるということです。 脂肪の多いものを食べてしまうと、下部食道括約筋の働きを低下させる傾向があるので、逆流性食道炎には良くありません。 そのため、肉ではなく、魚を食べる習慣に切り替えるようにしてください。 それに、消化に悪いものも逆流性食道炎には良くないので、なるべく消化に良いものを食べるようにしましょう。 胃酸の濃度を下げるために、乳製品を飲むのも効果的です。 また、暴飲暴食や早食いは胃液の分泌を促進させてしまうので、時間をかけてゆっくりと適度な量を食べるようにしてください。